小学生の子供に家庭教師をつけることでの利点とマイナス面とは

多数ある教育サービスの中で、小学生の子供に家庭教師をつけることを検討することもあります。

家庭学習の一環として選択肢の一つですが、利用を選ぶ際に良い面とそうではない面があることも知っておくと安心です。

なぜ小学生の学習のために家庭教師を雇うのが良いのか、その理由の一つに家の中で勉強のできる、高い安全性があると言えます。

 

昔なら子供は外で遊ぶもの、日が暮れるくらいまで遊んですごしましたが、今はそうではありません。

子供は遊ぶことが仕事とは言い切れず、中学前からしっかり勉強をする必要がありますし、昔と今ではセキュリティに関しての意識が雲泥の差です。

マイナス面を見てみると多くの講師がいるものの、子供に対する指導の質という面では、すべての先生がハイレベルというわけではありません。

つまり指導を受けるにしても、品質自体は均一ではないということ、家庭教師の教え方や人格も含めて当たりはずれがあります。

 

また家の中で出来る学習ではあるものの、大勢で学ぶ通う形式の塾とは違い、周りに勉強を競う相手がいません。

すると日頃から競争心が高い子供だったら、勝ち負けや競争ができないことから、勉強のやる気をキープするのが難しくなることも考えられます。

本人の学力レベルはどれくらいのものであるか、定期的に比較をする必要もあるので、模試も時々受けなければならないです。

 

マイナスばかりではなく、どちらかというと小学生の家庭教師からの学習はメリットもたくさんあります。

大勢の生徒と一緒の学習塾とは異なり、勉強をするのは先生と自分のマンツーマン、他の生徒との比較をするなどのプレッシャーがありません。

たくさんの同年代の子供がいるほうがやる気が出るタイプもいますが、他に人がいない方が勉強に集中できる子供もいます。

わが子が大勢の人がいない方が勉強に集中できるタイプなら、家庭教師をつけるのはうってつけです。

 

学習塾は授業がある日も時間も決まっていて、必ずその日のその時間に行かなければなりません。

でも家庭教師なら先生と生徒ととても距離が近く、勉強をする日程に関しても融通が利きやすいです。

子供だけではなく保護者とも、通いで来てくれる家庭教師はコンタクトを取りやすく、直接相談や意見をすることができます。

大学生のアルバイト家庭教師もいれば、プロとして本格的な教師もいて、プロにもなると保護者達と比較的年齢が近いことがあるので、より子供の学習で相談をしやすいです。

 

もし完全な非接触で家庭学習をさせたい場合は、とくに最近人気の「オンライン学習」をお考えになるのも一考です。

たとえばデキタスが自粛対策の家庭学習にベストな3つの理由など参考になるかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です