優秀な人材を早めに確保する「青田買い」は中学生や高校生にも起こり得る

優秀な人材を早めに確保する「青田買い」は中学生や高校生にも起こり得る

優秀な人材を早めに確保する「青田買い」は就活に限ったことではなく、進学を控えた中学生や高校生にも起こり得ることです。

保護者の経済格差が子供の学歴格差に繋がることは遥か以前から分かっていたこと、学校だけの学習で受験を乗り越えることは困難、その困難をサポートするのが学習塾もしくは予備校。

ピンポイントの学力を伸ばすだけならマンツーマンで学べる家庭教師でも良いのですが、他と競う合う受験においては情報量豊富な学習塾もしくは予備校が圧倒的に有利。

何処の学校も進学実績を上げたいため優秀な者に来て欲しい、その者をどうやって見付けるか?学校や教師にコンタクトを取っても、生徒に関する個人情報を教えてもらえるわけがない、もし、教えてしまったら即解雇。

学校よりハードルが低く、しかも、学校以上に子供の学力について把握しているのが学習塾もしくは予備校。

進学実績を上げたい学校は、学習塾等に通う優秀な子供の青田買いを行っており、特待生となれば授業料等は免除、もちろん、進学する際は他の生徒より優先して推薦枠をもらえる。

 

青田買いされて進学するのは一見有利に見えるが、青田買いしないと優秀な生徒が来ない学校はそもそもレベルが低い。

レベルが低い学校にはレベルの低い生徒、レベルの低い教師、レベルの低い保護者、レベルの低い卒業生、そして、レベルの低い将来がずーっと付きまとうため、目先の利益に飛び付くのはヤメましょう。

優秀な生徒を教えるのに先生がバカでは務まらないため、進学実績の高い学校には優秀な者が集まる、

もちろん、保護者のレベルも高い。

この手の学校に行けば学習塾等に通わなくても学校だけで志望校に合格できるスキルが備わる、わざわざ学習塾等へ通うのは時間的ロスだから。

 

志望校を決めたら変えない、変えて良いことは何もない、志望校を変える者の殆どは合格出来ないから、つまり、逃げているだけ。

志望校を決めたら、その学校の入試の過去問をチェック、過去問の傾向が分かれば無駄な勉強はしないで済む。

入試内容の似た学校を、受験の滑り止めにする者がいるがヤメたほうが良い、志望校のみ1本に絞り、万が一不合格だったら次の年に再チャレンジする。

再チャレンジする場合に、志望校のみ1本に絞って勉強して来た者のほうが、保険を掛けて勉強して来た者より断然有利。

 

いくら勉強をしても、メンタルが弱いとプレッシャーで実力を発揮でない。

メンタルを強くする方法はあるだろうか?そんなものは無い、なぜなら、メンタル自体が存在しないのだから。

メンタルが弱いと心療内科や精神科に掛かる者がいるが、専門家でさえ心や精神が何処にあるのか分かっていない。何処にあるのか分かっていないから、心療内科等に受診してもレントゲン等による検査をすることなく問診だけでクスリが処方されます。

問診だけで処方されるクスリを摂取しても大丈夫?

このように不安になる者はメンタルが弱いため、一般受験をするより推薦で進学したほうが望ましい、なぜなら、受験の失敗がトラウマとなり、その後の人生でつまずきとなるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です