オンライン家庭教師を小中学生へ利用するメリット・デメリット

オンライン家庭教師に不安感がある人もいるでしょうし、そもそもオンラインでの授業のイメージがつかない人も少なくないでしょう。

そうした方々向けに、オンライン家庭教師に勉強を教わるメリット・デメリットをいくつかピックアップしてみましょう。

 

オンライン家庭教師を小中学生へ利用するメリット

まずはオンライン家庭教師を利用するメリットですが『時間に融通が利く』ということがあります。

子供の場合には部活動が遅くまであれば、なかなか塾に通うこともできません。

日程の調整が利かないことで子供の学ぶ環境は狭まるでしょう。

しかしオンラインですから、いつでも指導してくれる先生が在籍しています。

先生方も学生から臨時教師そうした現役の方々もいれば、育児や介護で一時的に職を制限していたり、リタイアしている方々もいます。

早朝・深夜、そうした時間帯で指導できる先生方がいるので、どんな時間帯でも教わりたいのなら予定に柔軟な対応を取ってくれ子供の負担も軽減するでしょう。

 

また時間のみならず『どこでも』という場所もメリットになります。

塾や予備校がない過疎化している地域にお住まいなら、また通いたくとも距離が遠いなら交通費や距離の分だけ疲れたり、やむを得ず入塾を諦めざるを得ないでしょう。

しかしオンライン家庭教師ならどの場所からでも学ぶ、教わることができます。

部屋、リビング、さらにカフェや図書館など、集中しやすい環境での学びも希望することができます。

ちなみに親視点では家庭教師が自宅にお邪魔しないので、部屋を見られたり、お茶を出したり、出張費を払う必要の無さもメリットではないでしょうか。

 

オンライン家庭教師を小中学生へ利用するデメリット

では、デメリットをチェックしてみましょう。

インターネットの環境の有無はもちろんですが、特にデメリットとなるのは『画面越し』であるということです。

子供によっては集中したり、緊張感が途切れてしまうこともあります。

それこそ勉強が好きなら問題ないでしょうが、つまらなくなれば画面から目線をそらすでしょう。

塾などでは常に先生から直視されているといった緊張感がありますが、それもなくなってしまい、勉強に集中できずに内容が頭に入らず、右から聞いて左に流すといった無意味な教わりになりがちです。

 

また手持ち無沙汰を起こす子供もいるでしょう。

この場合、画面越しでも子供とコミュニケーションを取りながら進めるのことをしてくれる、そうした先生を選ぶようにしましょう。

常に子供に声をかける、これだけで画面に集中してくれるのでデメリットも幾分和らぐでしょう。

 

参考:2021年オンライン家庭教師ランキング