発達障害のお子さんならではの勉強のやり方

お子さんも思春期を迎えるため、気持ちの上でも喜怒哀楽がハッキリ目立つようになり、反抗したり、勉強の遅れも気になるようになる、そうした発達障害のハンデを抱えるお宅もあるでしょう。

本人・家族共に勉強においては悩みが深くなる傾向です。どのように接するのがよいのか、勉強の遅れに対してどういった選択肢を選ぶべきなのか、誰に支援を求めるべきなのか、そうしたことを考えるでしょう。

ちなみに、発達障害は大きく3つのタイプに分けられています。

  • 注意欠如・多動症(ADHD)
  • 自閉スペクトラム症(ASD)
  • 学習障害(LD)

発達障害では、複数のことを同時に行うことが難しいものです。

脳の情報処理能力の問題が大きいのですが、先生の話を聞くことはできるが、ノートを取ることができないような状況が見受けられます。

この場合には、ノートを取るという書くことに意識が集中してしまい、授業内容は頭に入ってこないでしょう。理解しないまま、黒板に書かれている文字を写すだけになってしまいます。

ですから、勉強のやり方としては先生の話を聞くことに注力を注ぎましょう。ノートは後々取ることができます。

 

また、発達障害では、一度に複数の指示を出されることで優先順位をつけて処理ができないケースが見受けられます。

選択肢が沢山ある問題には取り組みにくくなるので、ひとつひとつ、取り組むように指導しましょう。

中学生になれば、テストに向けて勉強のスケジュールを組むことが必要になります。

どれくらいのペースで進めればいいかというおおよその目安を感じることができませんから、親や友達、先生たちがスケジュールを組んであげましょう。

もちろん、興味のある分野は優秀だといわれています。その科目に関しては、時間をかけなくとも良いでしょう。

 

挫折しかけたとき、勉強が嫌になったときに興味のある科目を勉強させるだけで、モチベーションが維持できます。

発達障害のお子さんの勉強においては、不注意、多動性からのうっかりミスを繰り返すことが見受けられます。ミスをしないためには、粘り強く、同じ内容の復習をさせます。

説明文は理解できても、気持ちを推察することが難しい、そうしたお子さんもいるでしょう。

自分に置き換える、親や友達に置き換えてみるといった内容で教えていきましょう。

焦らず、一歩ずつ、そうした教え方であれば、着実に理解力は高まるでしょうし、親子でなく、まわりもサポートも重要になります。