春から高校生活を楽しむことができることに

家庭学習の習慣をつけるのが一般的ですが、今は、小学校低学年から通塾するケースは少なくありません。

我が家も大手の進学塾の入塾テストを受けることもありましたが、クラス編成された結果に戸惑いもありました。

家庭学習だけでは上位との差が開きがちですが、それを知ることにもなりました。

 

しかし、小学校低学年の子供の場合には、脳と心は遊びを中心に、体験、興味を引く物事に熱中させることにポイントも持っていき、テキストやドリル学習は補助的な位置づけで問題ないと思っています。

大切になるのは中学受験を控える高学年からです。

標準的な学習カリキュラムが構成されると、論理的に考えることを覚えると思います。

規則性を見つけることもでき、法則の理解も得やすくなります。

問題を解くということが中学受験の学習には必要不可欠ですから、家庭学習だけでは成り立たないとも指摘されているのは事実ですし、我が家もそうでした。

 

しかし、実際に学習するのは親でなく子供ですから、公立中に進学させるのも一法です。

のんびり学ぶ環境が用意されています。

もちろん、大学受験もあるわけですから、その際には通塾もアリです。

周りが塾通いをしていたり、早くから受験勉強をしている話しに焦ることもありました。

実際、中学1年のテストの点が高校受験での合否に繋がることは知られている事実です。ですから、序盤だけは通塾させて、基礎固めをしました。

 

平均点以上を目標にできる講師に出会いました。

高校受験では自らのモチベーションがなければ勉強をすることもありません。

無理やり勉強させることも難しいものです。

ですから大事になるのは設定です。

中学や高校で勉強する明確な目的意識が必要だと感じました。

加えて、小学生の間は目の前のことに努力できる自律心を養える家庭環境にあるだけでも子供は十分応えてくれると思います。

 

家庭でできることもたくさんあり、むしろ親の役割の方が大きいと思います。

高校の志望分野と自分の興味だったり関心が合致しているのであれば、学力はかなり伸びるとも思います。

我が家の場合には、やっぱり興味がある分野は劇的に伸びましたし、関心の無い分野はまったく伸びませんでした。

それでも、そこは捨てていて、伸ばせるところを伸ばしましたし、それに特化している強化されている学校を選ぶようにしました。

猛勉強することもなく、結果、合格して春から高校生活を楽しむことができることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です