受験期において重要なことは「親があせらない」

小中学生の勉強、特に受験期において重要なことは「親があせらない」ことです。

自己の確立がある程度進んでいる年齢になって挑む大学受験と比べ、中学・高校受験はそれに挑むお子さんはまだ幼さが残り、比較的素直な精神を持ち合わせていることが多いです。

勉強に対する積極性に多少違いはあれど、まだまだ一番身近な大人である親の言動を素直に受け止めがちです。

そんな中で、親が取るべき姿勢として重要なのは、あせらず、お子さんを安心させてあげること。

一番不安なのは、当事者であるお子さんです。

特に直前期ともなれば、ともずれば人生において初めての受験というケースもあるでしょう、並々ならぬプレッシャーもあるはずです。

そこで親としてできることは、その不安に引っ張られることなく、鷹揚とした態度を取ってあげること、それがひいては子どもの安心へとつながります。

 

あくまでも受験の当事者は子どもたちです。

親が直接的にその不安をきれいさっぱり取り除いてあげる、ということはなかなか難しいでしょう。

それでも、親が常に安定感のある存在として傍にあってくれるだけで、子どもたちは安心するのです。

気を付けたいのは、親が周囲の言動に惑わされないこと。

この塾がいいとか、この参考書は必携だとか、この講習は必修だとか。

受験をするとなると様々な、それこそ根拠があいまいな噂話程度のものも含め、多くの情報が入ってきます。

それらにいちいち惑わされないこと。

 

不安な気持ちがあるときは、ついあれもこれもと手を出してしまいそうになります。

でも実際にこなさなければならないのは子どもたちです。

時間は誰に対しても平等で、必ずしもすべてに手が回る訳ではありません。

あれこれ手を広げ過ぎた結果、どれも中途半端に終わってしまった、というのは残念ながらよく聞く話でもあります。

そして、そのように情報に惑わされ右往左往する姿を、子どもはしっかりと見ています。

そしてそこから、親御さんが抱いている受験に対する不安を、素直に感じ取ってしまうのです。

 

本来、一番安心させてあげなければならない立場である親が、結果としてお子さんを不安にさせてしまうのです。

ついついあれもこれもと手を出したくなる気持ちはわかりますが、そこは一旦抑えて、一度冷静になって考えてみましょう。

お子さんに無理をさせ過ぎていないか、過剰な課題を与えてしまってはいないか。

自身が「あれもこれもした方がいいよ」と、無責任なアドバイスをしてしまっていないか。

この点を意識して取り組むことが重要だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です