通信教育というのは「映像授業」があるとかなり理解しやすい

私は小学生・中学生の子供達を育てていますが、家庭学習に通信教育にも取り組ませました。

とくに私が選んだ教材を披露するのはやめますが、それよりも通信教育の選び方がとても重要と感じたので詳しく紹介します。

 

通信教育はとにかく「映像授業」があったほうがいい

まず通信教育選びで、もっとも重視すべきが「映像授業」という機能です。

この機能はネット塾ならではともいえる優れもので、紙教材のように自分で文字を読んで理解することが苦手な子供におすすめといえる機能。

学校の授業と同じようにしっかりと要点を解説してくれるので、大幅な理解につながりやすいともいえる機能になります。

たとえば紙教材で文字を読んでもわからない場合、ネット教材では「動き」「音声」によって勉強できる。

するとこれまで視覚的な情報しか得られなかった家庭学習が、一気に「聴覚」という重要な器官を使って勉強できるため理解につながりやすいというわけです。

 

通信教育(ネット教材)はいわゆるタブレット学習と呼ばれるもので、紙教材の情報量をはるかに凌ぐボリュームで勉強できます。

さらに紙教材ではなし得ることの不可能な、黒板内が動くといったビジュアルによって勉強が捗る。

これらのメリットがあることで効率に優れる家庭学習につながり、さらに子供自身も楽しさを感じながら理解につなげられるのもネット教材の大きなポイントになるのかなと思います。

まずは紙教材よりも、私はネット教材をおすすめします。

さらに「映像授業」が搭載されたデキタス、すらら、スタディサプリなど、とくに人気となっているタブレット学習を選ぶとより学習効果が期待できるのではないでしょうか。

 

できればテスト機能が優秀な通信教育を選ぶ

先ほどは「映像授業」について熱く語りましたが、もう1つ「テスト機能」についてもこだわってみてください。

このテスト機能というのはタブレット学習であればほぼ確実に搭載されていますが、じつは思った以上にこのテスト機能の内容というのが違っているものです。

あるネット教材では1度やればあとは同じ問題を繰り返すといったものもあれば、優秀なタブレット学習教材では「問題を自由に選んでテスト作成できる」といったものまで天と地の差があるものです。

さらにAIによって間違った問題が抽出されテスト作成されるといったタブレット学習もあるので、この「テスト機能」というのは決して侮ることのできない機能といえます。

さきほど紹介した通信教育デキタス、すらら、スタディサプリなどは自由にテスト内容を選んで作成できたり、AIによって苦手部分が抽出されてテストが作られたりといたれりつくせり。

ぜひこのようなテスト機能の優秀なタブレット学習を選んで、より効果的な家庭学習の実現を図ることをおすすめします。

 

まとめ

ここでは「通信教育(ネット教材)」について、おすすめの選び方を紹介しました。

一見すると同じように見えるタブレット学習ですが、じつは中身をよく探ってみるとこのように大きな差があることがわかってきます。

料金的にもけっこう違いがあって、コスパ面においても極めて大きな差が生じます。

なるべくコスパに優れる通信教育を選ぶ出すためにも、しっかりと隅々まで中身をチェックしてピックアップされることをおすすめします。

とくに優秀と思える通信教育についてはすららの口コミをぜひチェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です