小学生の中学受験の効率的な勉強とは?必要な勉強時間・コツも紹介

tajima

小学校高学年になるといよいよ中学受験が迫ってきて、勉強する時間も自然と意識するようになるでしょう。

しかし、ただ勉強するだけでは効率のよい勉強とは言えません。

今回はそんな小学生の中学受験における「勉強のコツやおすすめの勉強方法」についてご紹介いたします。

 

ゲームのように勉強する方法

小学生の中学受験の勉強のコツとして一番大事なのは、本人が苦にならないような勉強法をすることです。

学習時間が長くなるとどんどん退屈になってしまい、勉強自体を投げ出してしまうこともあるでしょう。

そこで取り入れやすいものとしておすすめなのがゲーム感覚で学習していく方法です。

実際に身体を動かして暗記するのも良いですし、学習動画を視聴しながら問題を解いていくのもお子さんにとっては楽しいかもしれません。

単純な計算問題をパソコンやタブレットを使って解いていくだけでもゲームをプレイする感覚と似ているので楽しさが増します。

紙とペンだけで机と向き合うだけではなく、道具を使ってみると勉強へのやる気度もアップしますよ。

 

中学受験に必要な勉強時間は?

受験勉強は小学生が集中力を保てる時間内で行うのが一番効率が良いと言われています。

長く勉強するよりも、1時間~2時間ほどみっちりと勉強することでより覚えやすくなるでしょう。

集中力が維持できる長さはお子さんによっても異なりますので、様子を見ながらどのくらい集中できるかあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

勉強のスケジュール管理は全てお子さんに任せるのではなく、親子で一緒に考えてスケジュールを組み立てることで無理のない範囲で勉強をすることができますよ。

 

休憩や遊びも大切に

中学受験のために勉強ばかりだとやる気が無くなってしまうこともあります。

実は勉強以外の時間の過ごし方も大切で、遊びたい時には思い切り遊んだ方が勉強の効率もアップします。

さらに親子で会話する時間を増やしておくことでお子さんのストレス発散にもなります。

日頃から勉強のことはもちろん、勉強以外の話もなるべく沢山聞いてあげるようにすることをおすすめします。

また、中学受験が控えている今だからこそ、学習した記憶を定着させるためにもきちんと必要な睡眠時間を確保させるようにしましょう。

 

まとめ

tajima

中学受験を成功するために、勉強時間を確保するのは大切なことです。

が、勉強のやる気を維持するために「他のこと」も同時に充実させなければなりません。

お子さんのやりたいことや遊びも挟みつつ、伸び伸びと勉強できる方法を親子で見つけてみてくださいね。

もし自粛生活におすすめの家庭学習を探すのであれば、私は「オンライン教育」をおすすめします。

とくに英会話学習などは、スクールに通わせるのも困難な状態。

そこでベストな選択となるのが「オンライン英会話」という学習スタイルです。

もし興味があれば小学生オンライン英会話「目的に合わせた」おすすめ5選などを参考にされるといいかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です