小学生の算数学習についてまとめてみました

小学生の算数学習についてまず、1年生ですが繰り上がり繰り下がりで苦労するお子さんが多いと思います。

なのでうちの場合はチョコやキャンディーやおはじきを、10個以上並べて繰り上がり繰り下がりを教えてあげました。

すると理解できたようで繰り上がり繰り下がりを理解する事ができました。

また子どもはどうしても繰り上がった時数を忘れてしまう事があるので、必ず繰り上がったら横に小さく繰り上がった数字を書こうねと教える。

低学年のうちは書くよ!と返事はするもののそれを怠る事が多くミスしがちなので、ここは耳にタコが出来るくらいよく言い聞かせてあげます。

 

何故、一年生なのにここまで力を入れないといけないのかというとやはり高学年になれば分数、割り算、掛け算が出てきます。

その時に基本の計算がきちんと出来ていないとどれも難しく感じてしまい子どもが授業についていけなくなりつまずいてしまうのです。

なので小学生の算数学習は一年生が1番大事なんです。

簡単な問題でも出来たという達成感は大きく、算数って楽しいんだねと感じてくれるようになります。

楽しいと感じるようになれば親が勉強しなさいと言わなくても、僕は算数得意だから大丈夫だよ!と自分から勉強するようになります。

なのでもし小学生の算数でつまずきを感じる様なら、まずは極端な話1+1=など簡単な問題から始め子どもに自信をつけてあげることがおすすめです。

 

2年生ではついに九九が入ってきます。

九九は小学校で必ずと言っていいほど暗唱テストがあります。

九九の覚え方としてはやはりメロディーにのせて歌わせるのが1番効果的です。習慣づけるためにお風呂に入った時に一緒に九九を歌うなど目標を決めておくのもいいと思います。

 

3年では割り算が入ってきます。ここでつまずく子は非常に多いです。

何故割り算でつまずくのか、それは掛け算を完全にマスターしていないからです。

なのでもし割り算が難しく感じるようなら二年生の掛け算を一から復習する方法がおすすめです。必ず掛け算のどこかでマスターできていない箇所があるはずなので九九ドリルや通信教育などをフルに使い苦手を克服する事がおすすめです。

 

4年生では小数が出てきます、

小数も計算の数をこなせばすいすいとけるので四年生あたりから小学生の算数学習でタブレット教材などを使い計算の数をこなしていくのも良いと思います。

 

5年生、6年生になれば自分から自然と学習する様になります。

親が横から口だしするのを嫌がる年頃にもなるので、そこは様子を見ながらタブレット学習メインにもしくは分からない箇所を子どもに尋ね指導するやり方でもいいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です